ブライズメイドのドレスは購入レンタルどちらがいい?誰が用意するべき?

最近では、結婚式にもオリジナリティーを出すことができるようになってきました。

型にはまった流れではなく、海外ウエディングのような式をあげるカップルも増えてきています。

友人に、ブライズメイドをお願いして、ガーデンウエディングをするなど、自分らしさが出せる結婚式は、いいものですよね。

でも、日本ではまだまだ見慣れないブライズメイド。

やってもらいたいけど、その準備はどうしたらいいのか、疑問に思っている人も多いのではないでしょうか?

友人にお願いするのであれば、トラブルもなく、楽しく当日を迎えたいですよね。

実際にどんなことをしてもらうのか、衣装は誰が用意するのか。色々な疑問があります。

今回は、特に、ドレスに関する疑問を解いていきます!

ブライズメイドのドレスは購入レンタルどちらがいい?

ブライズメイドのドレスは、購入することをオススメします!

海外では、友人に頼むことが一般的です。なので、インターネットで検索をすれば、安くて可愛いものがたくさん売られています。

サイズも多く用意されているので、海外製のものでも困りませんよ!

場合によっては、レンタルにする方が高くなる可能性もあります。

また、レンタルにすると、誰の名義で借りるのか・汚してしまった時にはどうしたらいいのかなど、様々な問題がでてきます。

友人がレンタルのものを着て、汚してしまったら、きっと気を使わせてしまいますね。すこし楽しくなって、ハメを外しても大丈夫なように、購入しておきましょう!

また、購入の方が、種類も豊富ですから、好きなものを選んでもらえます。一緒に選ぶ楽しさも味わえますよ。

ブライズメイドのドレスは誰が用意するべき?

ドレスは、ブライズメイドに任せて、好きなものを選んでもらいましょう。でも、お金は新郎新婦が負担するようにしましょう。

任せるといっても、投げ出してしまっては、友人が困ってしまいます。なので、予算やイメージは前もって、伝えておくことが大切です。

例えば、私が結婚式を挙げたとき、2人の友人にブライズメイドをお願いしました。

お礼を1万円渡すので、そこからドレスを買って欲しいことを伝えました。もちろん買ったものは、プレゼントにしています。

先に予算を伝えておくことで、後のトラブルを防ぐことができます。

「これ買ったから、お金よろしく」と言われたドレスが、何万もしたら、すこし抵抗がありますよね。お任せする場合は、金額のことまで先に話しておきましょう。

次に、ドレスのイメージですが、お色直し用のカラードレスが水色だったことから、色は水色にしました。

友人が「ドレスに合わせて水色にしよう」とアイディアを出してくれました。一緒に式のことを考えていけるのも、いいものです。

デザインはお任せをして、「着たい」と思えるものを選んでもらいました。

友人が着るものですから、それぞれに好みがありますよね。「これを着るの・・・?」というもの渡すより、気に入るものを着てもらうほうが気持ちよく過ごせます。

2人で買い物に行って、楽しそうに選んでくれていましたし、その時に購入したドレスを、ほかの友人の結婚式で着用してくれています。

好きなものを選んでもらうことで、長く使ってもらえるので、こちらとしても嬉しく思いました。

自分の理想を押し付けてしまい、1回だけで終わってしまうよりも、好きなものを長く使ってもらうほうが、お互いにとっていいでしょう。

花嫁さんは、式の準備でとても忙しいです。正直、ほかの人の準備まで手を回している余裕がありません。

なので、イメージだけ伝えて、お任せをすると、とても助かります。

ブライズメイドは、もともと花嫁さんのお世話係りをする人たちです。任せられるところは、任せましょう!

まとめ

ブライズメイドのドレスについて、いかがだったでしょうか?

お願いをするときには、とにかくお互いが気持ちよく過ごせることが大切です。

結婚式に理想の形があることは分かりますが、友達に「お願いをした」ということを忘れないようにしましょう。

日本では、ブライズメイドはまだまだ珍しいものです。

理解に乏しい人も多くいます。なので、自分自身が十分に理解をした上で、お願いができるように準備を進めてみてください!